大量の瓦礫の山からそこに埋まっている誰かを助けないといけないときを想像してみてください。あるいは広大な山の中から一人を見つけないといけないときでもいいでしょう。このような非常事態において私たちは無力です。
しらみつぶしに探すといっても時間がかかりすぎてしまいます。人命救助は一刻を争う事態なのがほとんどです。
そんなとき頼りになるのが救助犬です。持ち前の嗅覚を活かして、行方不明者の手がかりを探してくれます。

救助犬とは?

その名の通り、人を救助するのが救助犬です。有名なのは災害救助犬だと思います。災害時に瓦礫などで生き埋めになった人や、行方不明者を探し出すことで活躍しています。
地震の多い日本では、災害救助犬の活躍がよくニュースで取り上げられたりしていますね。
災害救助犬と比べると知名度は若干低いですが、水難救助犬と山岳救助犬もいます。
水難救助犬は、海や川で溺れている人を助けることが仕事です。一方、山岳救助犬は山の事故現場で活躍します。

救助犬のお仕事

冒頭でも書いた通り、行方不明者の捜索はかなり困難です。災害救助犬は、行方不明者の臭いを察知して、「ここにいるぞ」と教えてくれます。災害時に助けが必要な人を救出するのが災害救助犬のお仕事です。
水難救助犬は、溺れている人の洋服を咥えて泳いだり、浮き輪やロープを渡したりすることで命を救出するのがお仕事ですね。
山で誰かが遭難したり雪崩が起こったりしたら山岳救助犬の出番です。山の中を走りまわり、人命を救出します

救助犬の活躍

災害救助犬訓練センターのPWJでは、2010年11月に動物愛護センターから4頭の犬を譲り受けています。4頭は災害救助犬になるためトレーニングを重ねました。そのうちの1頭である夢之丞は、殺処分されそうなところを引き取られた犬だったようです。夢之丞は、新しい仲間のハルクと共に立派な災害救助犬として活動しています。
2014年8月に発生した広島土砂災害、2016年4月に発生した熊本地震などPWJの災害救助犬は多くの現場で活躍しているようです。

PWJの災害救助犬についてもっと知りたい方はこちらのSNSをチェックしてみてください◇◇◇ピースワンコ・ジャパン(@PeaceWindsDogs)さん | Twitter

今回は救助犬について紹介しました。緊急事態のとき私たちを助けてくれるのが救助犬です。日本は島国ということもあり、災害が非常に多い国です。万が一のときの心強い味方が救助犬といえるでしょう。
救助犬は世界各国で活躍しています。救われた命は数え切れません。これからも彼らの活躍に期待が持てますね。